ダイエット効果とリバウンド対策について肥満とダイエットの関係について

ダイエットする上でリバウンドは何としても避けたいところです。

ダイエットをする時にはリバウンドの対策が必要不可欠

ダイエットを成功させるためには、リバウンドのメカニズムについて知っておくことが大事です。

ダイエット直後にリバウンドが起きて、せっかく減った体重が増えてしまわないようにしましょう。努力を重ねてダイエットをしたはずが、リバウンドが起きたために減量分が増量してしまい、ダイエットが無駄に終わったという体験談もあります。ダイエットの後にリバウンドをするというサイクルを繰り返し、ダイエットがしづらい体質になる人もいます。



体重を減らしても、リバウンドしないようにしたいなら、ダイエットとリバウンドがどう関わっているかメカニズムを知りましょう。ダイエットを終了した後にリバウンドが起こる原因は、身体の状態を一定に保とうとするホメオスタシスと呼ばれる機能が関係しています。この他に、リバウンドが起きるのはダイエットをしたことで筋肉量が減っていることや、レプチンの分泌量が減って満腹を感じにくくなっていることがあります。

今の体重は、1日の食事の量だけでなく、レプチンの分泌量や、基礎代謝量、ホメオスタシスの働きによって保たれています。
短期間で体の状態が大幅に変わることは負担が大きいことなので、変動しすぎないように、体の中では今の条件でつり合いをとろうとしています。しかし、ダイエットをすると人体を取り巻く環境が大きく変わります。

それを元通りにしようとする働きが、リバウンドになります。短い期間で劇的な効果が上がるようなダイエットは身体への負荷になりますので、負荷を軽減しようと身体はリバウンドを起こします。
短期間でダイエット効果を上げようとせずに、体のバランスを保ちながら長期的な目で健康的なダイエット方法を実践するように心掛けましょう。

リバウンドのメカニズムを知ればダイエットの停滞期を乗り越えられる

どうしてリバウンドが起きるのか、ダイエットをすると停滞期になるのはなぜか、メカニズムを知ることはとても大事です。明らかなメカニズムがリバウンドにはありますので、ダイエットプランをつくる時には、まずその点を踏まえておくことです。

一気に体重を減らすと、人間の体は危機状態になったと思い込んで、エネルギー消費量を減らします。食事の供給が滞っても、生命機能を維持できるようにと、極端なカロリー制限を受けた身体はエネルギーの消費量をできるだけ減らします。少ないエネルギーを上手に使うためには有効な機能ですが、ダイエットにはまったく逆の効果として働いてしまいます。これまでと同様にダイエットを続けているのに、一向に体重が減らない停滞期に入ると、ダイエットを継続する意欲がくじけてしまうこともあります。体重を落としたいからと、好物を口にしない状態が続いたり、お腹がすいても少ししか食べない状態でいると、ストレスも蓄積していきます。

停滞期に入ってもダイエットを継続できるようにしておくには、あらかじめ停滞期に対する準備を済ませておくことです。

筋肉が減り、代謝が落ちて、痩せにくい体になることが、食事制限によるダイエットをする時のデメリットです。

ダイエット後のリバウンドは、食事制限などで体重を落としても、筋肉量の減少によって代謝が下がっている時に、食事量を戻してしまった時に起きます。リバウンドが起きてしまう問題を解決するためには、エネルギー源として必要な食事量を確保して、同時に運動も行わなければいけません。
体が必要としている分だけの食事をして、適度に体を動かす習慣をつけることが、リバウンドしないダイエットになります。

リバウンドのメカニズムを知ってダイエットをすれば誰でも痩せる

人間の体にはホメオスタシスという機能が備わっており、せっせとダイエットをしても、リバウンドが起きてしまうのはこのせいです。

ホメオスタシスは、環境の変化が急に起きた時に、身体の状態がそれにつられて大きく変わってしまわないようにコントロールするという機能のことです。ホメオスタシスより、たとえ雪山で遭難したりしても、最小限のエネルギー消費によって体を維持するので、生き延びる可能性が高くなるのです。

体の極限状態においてはとても大切な機能ですが、ダイエットの大敵でもあります。リバウンドのメカニズムを知り、急激な体重減少にならないような、ゆるやかなダイエットをすることが重要だといいます。

ホメオスタシスの機能が働くと、ダイエットにおいては停滞期といい、今までのダイエット方法を続けているのに体重は一向に減らなくなります。停滞期になると、ダイエットへのモチベーションがなくなって、減らしていた食事をこれまでどおり食べるようになるような人もいますが、それがリバウンドの原因になります。ダイエット前の食事に戻しただけなのに、ダイエット前以上に太ってしまったという人も大勢います。

これがダイエット時に起きてしまうリバウンドのメカニズムなのです。痩せるためには、ホメオスタシスの機能が働いている期間も継続して、食事制限によるダイエットを続けることです。

停滞期になり、ダイエットの成果が実感できない時期に入っても、諦めずにコツコツと継続することです。

リバウンドのメカニズムを理解して、停滞期でも我慢強くダイエットを継続して乗り越えれば、再び痩せることができるようになります。