顔ダイエットは何をすればいいのか?肥満とダイエットの関係について

顔をスリムにしたいと言う方がいますが、顔ダイエットは何が効果的なのか?

顔のダイエットにはリンパマッサージがおすすめ

難しいと思われがちな顔のダイエットはリンパマッサージで解決です。顔を小さくするためにダイエットに取り組む人は少なくないですが、体重を減らしても小顔になれるとはか限りません。

ダイエットで顔を小さくしたいと考えている人は、リンパマッサージを試してみてください。小顔になるには、脂肪燃焼より、むくみやコリをなくすことがポイントです。顔を小さくするには、必ずしも痩せる必要はありません。リンパマッサージで顔の代謝をよくすれば、むくみがとれて顔が引き締まります。やり方さえ覚えればリンパマッサージはすぐにでも実践できます。両手の指を握ってグーの形にして、あごから耳の裏までリンパに沿ってマッサージすることで老廃物が排出されるようになります。

顔には、こめかみから額、小鼻からこめかみなどマッサージをするとリンパの流れが良くなる場所がいくつかあります。皮膚が赤くならないくらいを目安にして、マッサージを施すことで、皮膚へ負担をかけずにできます。フェイスマッサージによってリンパの流れを改善できたら、耳の裏から首筋を抜けて鎖骨を通り、脇の下まで続くリンパを揉みます。

小顔になるためには、顔に留まっていた水分や老廃物を排出できるように、リンパ腺の停滞を解消しましょう。

顔のダイエットをしたい場合は、顔に流れているリンパや血液の滞りを解消するための、リンパマッサージがおすすめです。

マッサージや表情筋を鍛えて顔をスッキリと美しくダイエットを行う

ダイエットを頑張っているのに、顔が小さくならないという人がいます。小顔を目指して、食事を減らしたり、体を動かしているものの、体重は減っても顔のサイズは元のままという人もいます。高齢になるほど皮膚はたるみ、輪郭のシャープさもなくなります。

フェイスラインの対処が、年をとると重要です。年をとって筋肉が衰えると、お肌は自重によってますます垂れ下がってしまいます。お肌のたるみを解消し、引き締まって見せることは、表情筋を鍛えて、皮膚をたるませない意味があります。わざわざフェイスケアを行うための時間を取らなくても、スキマ時間を上手く利用して、ちょっとした時間で行うことができます。



一度に終わらせてしまうより、ちょっとずつ実践していったほうがより効果的です。顔のお手入れを日に数度する習慣をつけることで、シャープな顎のラインになることが可能です。

フェイスまっー時では、口の両端や、目を取り囲む部位の皮膚、ほうれい線のしわが深くならないようにしたいものです。日頃から、口元を少しあげて表情筋に力を入れる機会を多くするといいでしょう。

表情筋が弱るとしみやくすみができますので、口角をあげにも限度が必要です。こまめに口角を上げるようにしていくと、筋肉痛もなくなっていきますし、表情筋も鍛えられ、顔のダイエットにも繋がります。

即効性のある顔痩せの方法とは

舌を回すことで顔の筋肉を鍛え、顔が痩せるというエクササイズが注目されています。引き締まった小顔になるためには、顔痩せに効果を発揮するとい運動をして、表情筋を強化することです。フェイスマッサージ効果がある美顔ローラーや小顔ローラーの使用や、表情筋のエクササイズも注目されています。

あまりにも選択肢が多くて、どのやり方ならばより確実に小顔になれるかわからないという声も聞きます。



舌をグルグル回すエクササイズをすると、顔の輪郭線をシャープにすることが可能だといいます。舌回しのエクササイズとは、舌の先を上の歯茎と舌の歯茎をなぞるようにして一回しするという動きで行うというものです。25回転したら、反対側に25回転します。難しい方法ではありませんので、思い立ったらすぐにでもできます。舌の筋肉を使うには、25回をしっかり回すことです。

25回回し終わった頃には、舌の根元がだるくなります。小顔ダイエットの方法として舌回しのエクササイズを行うメリットは、わかりやすい方法で、気軽にできることです。

小顔効果以外にも、口もとの小じわが目立たなくなったり、聞き取りやすい話し方ができるようになるといったメリットがあります。口内のウイルスや雑菌の繁殖を抑制したり、免疫をつけたりといった効果が、舌回しによるだ液量の増加で得られるともいいます。

舌を回すことで、顔を引き締める他にも、様々なメリットを得ることができるわけです。